Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industrys standard dummy
Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industrys standard dummy
Lorem Ipsum is simply dummy text of the printing and typesetting industry. Lorem Ipsum has been the industrys standard dummy
スーツに合わせるベルトの選び方のご紹介です。
1:ベルトの穴の数は5つがベストです。5個穴や6個穴のベルトもありますが、
下手に変わったものを選んで失敗するよりは、一般的な5つ穴のベルトを選ぶのが懸命です。
ベルトのバックルは真ん中の3つ目の穴にとめれるようにしましょう。
2:シンプルなデザインのものを選びましょう。余計な飾りがないシンプルなものを選びましょう。
バックルにブランドのロゴが入っていたり、ベルトに派手な型押しが入っているものは選ばないようにしましょう。
3:本革のベルトは合皮に比べて圧倒的に質感が良く、何よりも丈夫です。
何といっても、本革のベルトは手に持った時の手触りと革の質感には素晴らしいものがあります。
そしてとにかく丈夫で、何年もの長い間使うことが出来るのがいいですね。
本革のベルトは1万円ほどでえ買うことができるので、
安いベルトを毎年買い替えるよりもかえって経済的です。

彼女とベルトの買い物

4:仕事用のベルトの色は黒がベストです。茶色のベルトは少しカジュアルに見えてしまうことがあります。
黒であれば、カジュアルに見えることはまずないでしょう。
中には「ベルトの色は革靴の色と合わせるといい」という話もあります。
しかし、一般的な会社員の方が仕事場で茶色の革靴とベルトを合わせるのはあまりおすすめできません。
それは、本人にそんなつもりはなかったとしても、仕事場でスーツに茶色のベルトを合わせている。
というだけで、仕事相手に軽い印象を与えてしまうことがあるからです。
年配の方を相手する時は、余計に気をつけなければなりません。
ですから、スーツに合わせる仕事用のベルトの色は黒が1番当たり障りなく使えます。
5:ベルトはサイズ調整ができるものを選びましょう。
真ん中の穴で上手くとめられずに見た目がイマイチになってしまうこともあります。
多少手間はかかりますが、自分で自由にサイズ調整ができるベルトを買ったほうが失敗しにくいですし、
見た目もスッキリできます。
スーツに合わせる仕事用のベルトは、
  1. 穴の数は5つのものを選びましょう。
  2. シンプルなデザインのベルトを。
  3. 長く愛用出来る本革ベルトを。
  4. ベルトの色は無難な黒を。
  5. 自分でサイズの調節ができるものを。
これらのポイントさえ押さえておけばそうそう失敗することはありません。
ベルトの穴あけ工具はココ
スリッターのプロフェッショナル
iphone修理 三宮 アイスマイル
Back To Top